ヨガについての説明

ヨガ

体の固い人でも行えるヨガでむくみ解消

リンパの流れが滞り始めますと体のむくみが発生します。

リンパの流れを促す高い効果のあるヨガの合蹠(がっせき)のポーズで、むくみを解消させましょう。

これは、体が堅い人でも比較的簡単に行えるヨガのポーズですので、ぜひ挑戦してみてください。

それでは、始めましょう。

仰向けに寝て左手を上げて真っ直ぐに伸ばします。

二の腕は耳に付けます。

次に、左右の足裏をくっつけます。

そのまま大きくゆっくり息を吸い込みながら、あごを引いたままでゆっくりと上方へ腰を上げます。

今度は、ゆっくりと息を吐きながら上げた腰を右方向へ軽くひねりヨガの呼吸を行いながら、その体勢で10秒程キープしましょう。

その後、ゆっくりと息を吸いながら腰を元の位置へ下ろして戻していきます。

これが一連の流れです。

今度は、右手を用いて上記の一連の流れを行いましょう。

指ヨガで足のむくみ解消

親指と小指は足に繋がっているとされています。

この2本の指に刺激を与える指ヨガには、高い足のむくみ解消効果があります。

それでは、始めましょう。

手のひら側の親指をうっすら赤みを帯びるまでこすります。

次に、手の甲側の親指をうっすら赤みを帯びるまでこすります。

今度は、手のひら側の小指をうっすら赤みを帯びるまでこすります。

最後に、手の甲側の小指をうっすら赤みを帯びるまでこすります。

この一連の指ヨガを行う際には、ヨガの呼吸法で行うようにしましょう。

これだけの簡単なものですが、高い効果を実感できます。

下半身の筋肉を鍛えるヨガでむくみ解消

下半身に十分な筋肉がないと下半身がむくみやすくなりますが、これを解消しないままでいますと全身のむくみに繋がります。

下半身の筋肉を手軽に鍛える鷹のポーズのヨガでむくみにくい肉体づくりをしましょう。

それでは、はじめましょう。

両足をそろえて立ちます。

上半身を下腹部で支えながら軽くひざを曲げていきます。

その体勢で右足を左足の上から覆います。

左手はひじが90度くらいに曲がる所まで上方へ上げ顔の前までくるようにします。

胸が開いたままの状態で左手と右手の手の平が合うように、左手の肘下から右腕をからませます。

これが、むくみ解消に効果的な下半身の筋肉をトレーニングできる鷹のポーズです。

この姿勢でヨガの呼吸法に気をつけながらしばらく静止を続けましょう。


関連記事をチェックする ≫ ストレッチ

ホーム RSS購読 サイトマップ
Top 基本情報 知恵袋 解消方法 解消グッズ 部位別