漢方薬について

漢方薬

五苓散(ごれいさん)

むくみを解消する定番の漢方薬として、五苓散(ごれいさん)は広く知られています。

五苓散は、利尿効果のある猪苓(チョレイ)、茯苓(ブクリョウ)、沢瀉(タクシャ)、桂皮(ケイヒ) 、白朮(ビャクジュツ)もしくは、蒼朮(ソウジュツ)の5種類の生薬から生成されています。

このため五苓散と称されるようになりました。

五苓散の効能は、むくみ解消を行う効果以外にも、冷え性、貧血、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、水溶性の下痢などにも幅広く効果があります。

五苓散には軽度の副作用があり、体質によっては食欲の減退やむかつきを感じることもあるようです。

しかし、この様な副作用は、一般的に服用に慣れることで解消されることが殆どとされているようです。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水太りの改善や、むくみを解消する漢方薬としても広く知られている防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)は、体内の水分循環を整えて体内水分量の改善を行う優れた効果をもちます。

また、痛みや疲労の緩和にも効果的です。

防已黄耆湯は、防已(ボウイ)、生姜(ショウキョウ)、甘草(カンゾウ) 、黄耆(オウギ)、大棗(タイソウ)、白朮(ビャクジュツ)もしくは蒼朮(ソウジュツ)の6つの生薬から生成されています。

防已黄耆湯の効能は、むくみ解消を行う効果以外にも、多汗症、水がたまりやすいような関節炎、肥満症、ネフローゼ、腎炎などにも幅広く効果があります。

防已黄耆湯には、体質によって服用の際に食欲の減退やむかつきを感じるといった軽度の副作用が発生することもあるようです。

また、重度の副作用の発症を起こすことは非常に稀とされていますが、間質性肺炎、肝臓障害、偽アルドステロン症の発症を起こす場合もあるようです。

猪苓湯(ちょれいとう)

優れた利尿効果でむくみ解消に最適な漢方薬の1つとして猪苓湯(ちょれいとう)があります。

猪苓湯には体内の水分循環を整える作用があります。

この作用によりむくみ解消効果だけではなく、脱水症状などを発症した際には体内水分を保持させる効能も発揮します。

また、このほかにも排尿における異常、ドライマウス(口内の乾燥)、ストレスなどにも幅広く効果があります。

猪苓湯は、猪苓(チョレイ)、滑石(カッセキ) 、沢瀉(タクシャ)、阿膠(アキョウ)、茯苓(ブクリョウ)の5つの生薬から生成されています。

猪苓湯には軽度の副作用があり、体質によっては食欲の減退やむかつきを感じることもあるようです。

しかし、この様な副作用は、一般的に服用に慣れることで解消されることが殆どとされているようです。


関連記事をチェックする ≫ サプリメント

ホーム RSS購読 サイトマップ
Top 基本情報 知恵袋 解消方法 解消グッズ 部位別